ブーメランの注意点(はじめにお読みください)

紙ブーメランに挑戦 ( ペーパーブーメラン)

ブーメランの注意点を必ずお読みください。

ムービーで見よう」ページで、
飛行、チューニング方法、投げ方が、動画でご覧頂けます。

飛距離:約1.5m ~ 約2.5m (室内用)

●用意する物

厚紙(ティッシュの箱より少し厚め)
文房具店などで「白表紙・ボール紙・事務用紙」などの名前で売られています。
はさみ(出来れば厚紙が切りやすい大きいもの)
えんぴつ、 ボールペン、 サインペン、 定規。

 
 

●型紙(こちらをプリントアウトしてお使いください) PDF形式

 
 

●下準備

型紙を使い、鉛筆で厚紙にトレースする。
表裏がわかるように、サインペンで表に色を塗る。
いきなり線に沿って切らずに、まず大まかに型抜きをする。
そして、線に沿って切り抜く。 (いきなり線に沿って切ると紙が反ってしまうので注意)

 
 

●チューニング

図のように、各翼にボールペンと定規を使って線を引き、軽く折り込む。
折り込む角度は10〜20度程度。(山折り)

 
 

●仕上げ

平らな机の上などに置いて、各翼を軽く上に反り上げる。
この時、紙ブーメランのおなかの部分が机にくっつき、翼端が少し浮いていること。
これで、完成。

 
 

●持ち方

図のように、ほっぺたをつまむように持つ。
親指の付け根まで、ブーメランを引く。

 
 

●投げ方

頭の横に持っていき、紙飛行機を飛ばすように、『縦』に回転を与えるように投げ出す。
手首を使って、回転を多く与えることがポイント。

 
 

●キャッチ

戻って来た紙ブーメランは、両手をパーにして、はさむようにキャッチ!
チューニングが狂わないように、優しくキャッチする。

 

●左投げの方

左投げの方は、鏡に映すように、逆に作り、投げてください。