Placeholder image

ブーメランの歴史

●ブーメランはオーストラリアだけに存在した?

「ブーメランと言えばオーストラリア」、「オーストラリアと言えばブーメラン」とよく耳にしますが、実はブーメランはオーストラリア以外にも存在しました。

エジプト、ヨーロッパ、インド、アメリカ、コロンビアなど、ブーメランの原型と思われるものは、世界各地に存在したのです。

中でも有名なのは、イギリスの考古学者のハワードカーターが発見したブーメラン。

なんと古代エジプトのツタンカーメン王の墓から、発見されました。

 

Placeholder image

エジプト考古学博物館に展示されている古代のブーメラン

最上部に展示されているブーメランは、オーストラリア製だそうです。

 

●ブーメランはどれぐらい前からあったか?

世界最古のブーメランと言われているのが、南オーストラリアで見つかったもので、1万1千年から1万5千年前と推定されています。

1万年以上前と言うと、日本では「縄文時代」より前になります。

 

●狩猟道具としてのブーメラン

オーストラリアの先住民族「アボリジニ」は、ブーメランを数千年も前から狩猟道具として使っていたと言われています。

また、狩猟道具以外に、祭りの儀式などで2本のブーメランを使い、楽器としても用いたようです。

 

Placeholder image

アボリジニのダンス

(2000年メルボルン世界大会より)

 

●なぜブーメランと呼ばれるようになったか?

英国の探検家、キャプテン・ジェームズ・クックは、1770年シドニー近くボタニー湾に上陸し、アボリジニと初めて出会いました。

その時、 手にしていた「く」の字型の棒を見て、「それは何か」と尋ねたところ、アボリジニが「ブーメラン」と答えたのが起源と言われています。

 

●ブーメランは「く」の字型しか戻らない?

いいえ、ブーメランは「く」の字型だけではありません。
スポーツブーメランでは「3枚翼」が主流で、4枚翼や5枚翼も投げられています。

簡単に説明すると、風を切る翼があれば、どんな形でも戻ります。
アルファベットで言うと「X」「Y」などはよく戻ります。
逆に「C」「O」などは、風を切る部分がないため、戻りません。

 

●スポーツになったブーメラン

現在、ブーメランはスポーツとして、広がりを見せています。
1969年にアメリカ・1973年にはオーストラリアで競技会が行われました。
しかし、その時はまだ競技性は薄かったようです。

その後、1988年にオーストラリア建国200年記念行事として大会が開催され、7ヶカ国が参加しました。
日本では、年3回の競技会が各地で開催され、2年に1回、世界大会も開催されています。

 

●レクリエーションとしてのブーメラン

Placeholder image

ブーメランは危険というイメージがありますが、現在はスポンジ製の安全なブーメランも開発されています。

また、厚紙や牛乳パックで作れる「紙ブーメラン」もあり、老若男女を問わず、楽しまれています。

 

●参考文献

『ブーメランはなぜ戻ってくるのか』(著書・西山豊) ネスコ/文芸春秋

『ブーメランガイドブック』 日本ブーメラン協会

Placeholder image

栂井靖弘(とがいやすひろ)
活動ネーム:トギー

2014年 ブーメラン世界大会 in パース 団体戦優勝
個人戦アキュラシー種目 世界2位

2006年 ブーメラン世界大会 in 旭川 個人戦オージーラウンド種目 世界1位